ダイエットや整体療院を運営している院長が毎日のサプライズを綴ったストレス解消コーナー


by kraftheart001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ダイエット( 59 )

まだ梅雨などいうのに、夏の話題とは!!

と思っているあなた!

夏太り、夏バテは今の時期が大事だってことをご存知でした?

夏に冷たいものや水を多く飲むと夏バテになりやすい。

この時期こそ、しっかり食事を取って体調を整えることを心がけたほうがいい

冷たいものばかり食べていると胃腸の機能低下で本来の働きが衰え、

食物エネルギーの供給に悪影響を与える。

また、冷房をつけたままにして寝ていると朝起きたときに、

身体のだるさや筋肉のハリを感じる場合はないだろうか?

皮膚表面の体感温度が常に低い状態で睡眠に入ると、身体が冷えすぎて

体調不良や疲れがとれにくかったり、風邪などの原因にもなる。

寝るときはエアコンのタイマーを設定するか、扇風機などは首振りとタイマー設定を

忘れないように。


身体を冷やす飲み物と食事、おまけにエアコン付けっぱなし!

こんなことを続けていると、夏の終わり頃には

夏バテ症状でダウン!ということになる。

いまから夏にかけて、身体を動かして汗をかき、三食きちんと食べて、よく寝る!

こういった健康管理が大切だ!


また、毎日ダラダラ!寝ては食べてを繰り返していると、

秋前には「夏太り」を体験しますから、ご用心!



きちんと食べて、痩せるダイエット法
  ↓
美と健康整体 お家で耳つぼダイエット
[PR]
by kraftheart001 | 2006-06-11 13:57 | ダイエット
チェーンスモーカーと言われる人や長期間タバコとお友達の人は

一般的にドス黒い顔をしている、

それは、皮膚が慢性の酸欠になっているから。

ドス黒い顔を隠す?ために、圧化粧をしている人を見かけるが

それより、タバコを止めて体内からキレイにしたほうが

健康的だと思う。

そして、慢性の酸欠は皮膚だけではなく全身の細胞にも

悪影響を与えていることも容易に想像がつくだろう。

脳細胞、心臓、肺、肝臓、腎臓など重要な臓器が慢性的な酸欠

とすると色々な疾患が発生しやすくなる。

タバコを吸う人は、ガンになる確率が○倍高くなるといった

報道なども出てくるからだ。


体重が気になるという理由でタバコを吸っている人もいるが

痩せたいという人は、心の奥では(痩せてキレイになりたい)と考えている

キレイになりたいのなら逆にタバコを止めて

運動や和食、野菜などを適度に摂ること方法で痩せるようにしたほうが

ずっと健康的にキレイに痩せることができるだろう。


食べながら健康的に痩せる

32年間のダイエットベストセラー

お家で耳つぼダイエット はここから
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-20 12:41 | ダイエット
体内の水分、リンパ液や血液などの粘性を適正な状態にまで下げる!

というと難しくなるので、サラサラにするために………。


体内の水分がサラサラしない原因。

1、水(お茶)を飲まない人

2、肉食の人

3、タバコを吸う人

大きく分けて3タイプ。


「どれもあてはまるわ!」という人は要注意!


水分不足の理由は説明しなくても分かると思いますが、


肉食がダメという理由について。

人体より体温の高い動物の肉にある脂肪や蛋白などが

体温の低い人間の身体に入った場合、

溶けたバターが冷蔵庫で硬くなるように、

体内で脂肪分などの流れが悪くなって血液がドロドロになるから。


ドロドロ状態では、赤血球や白血球リンパ球などがお互いくっつきあって

毛細血管の先まで到達せず、末梢の細胞などに酸素を送ることなどができなくなる。


皮膚などが慢性の酸欠では、血行も悪く、水分も少なく、どす黒くなって

シワもできやすく、実際より老けて見られます。


適度な水分と、肉食から菜食、魚類などを摂ることでサラサラ血液になる。

実は、こういう食事がダイエットに一番向いている。


32年間のダイエットベストセラー

お家で耳つぼダイエット はここから
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-17 20:01 | ダイエット

水とダイエットの関係

水分とダイエットは深い関係がある。

よい水やお茶などを飲むことで、血液の流れをよくして病気を予防する。

水分の量は、食事やコーヒーなどで摂る分を除いて

一日1.5~2リットル程度を目安に摂るとよい。

肥満気味の人は、水分量が少ない傾向がある。

食べ始めるときも水分を摂らずに食べ始めることがある。

できれば食事の30分~1時間前に飲むのが理想だが

なかなかできない場合が多い。

なので、食事の10分前には水分を摂るようにと話している。

本当は30分前のほうが水が腸に方にいって、

胃の中に何もなく、胃酸も水で薄めることがない。

そして、水は分子の小さなものがおすすめだ。

分子(クラスター)が小さいと胃腸から吸収されやすく

植物や切花なども長生きするといわれている。

動物や植物にとって、細胞に常に新鮮な水分を供給することが

必要なのです。

新鮮な水分で身体の中の老廃物や毒素を排出することで

健康体を保つことができる。


ダイエットと水分は、このように切っても切れない関係がある。



健康的に痩せるダイエット方は………

お家で耳つぼダイエット でご覧ください。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-12 20:59 | ダイエット
メタボリックシンドローム

内臓脂肪症候群という言葉をきいたことがありますか?

最近ニュースやワイドショーで話題になっている。

内臓脂肪型の肥満に高脂血症や高血圧、高血糖など症状が重なると

それぞれが軽い症状であっても心筋梗塞や脳卒中になりやすくなる、

これを内臓脂肪症候群というそうだ。

成人の有病者は約1300万人 予備軍は約1400万人 合わせて2700万人も!

40~74歳では男性は50%、女性は20%が該当するという。

不健康な生活習慣がこのような膨大な該当者を作り出したといえる。

いまこそ、肥満解消のために生活習慣を見直し

減量!ダイエット!をしなければならないだろう。



仕事をしながら、普通の食事で痩せる

サプリ一切不要 お家で耳つぼダイエット で詳しいことを………。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-11 14:57 | ダイエット
前回、年をとってきたらある程度は骨量が減る。

これは仕方がないことだと書いた。

骨も年をとるので年相応の骨量を保つことが大事だが、

若くうちから、カルシウムなどを摂らないと早めに骨粗しょう症になってしまう。

特に40歳過ぎの閉経後の女性にお願いしたい。

カルシウムを過剰に摂って強化しようとすることは、

愚かなことで、かえって身体に害になるのだ。

30歳代や若いうちに次のことに注意して、骨をしっかり作って欲しい。

1、身体に合った適度な食事量を摂る。

2、食べないダイエットをしない。

3、カルシウムの豊富な食材を規則正しく摂る。

4、肉などの高たんぱくに片寄らないようにする。

5、お酒、タバコなどはできるだけ摂らない。

6、薬品や漢方薬などをできるだけ摂らない。

7、サプリメントに頼らない。



食べながら健康的に痩せる方法

詳しくは お家で耳つぼダイエット で!
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-08 10:33 | ダイエット

ダイエットとカルシウム

牛乳を飲みながらダイエットのために来院している人いる。

牛乳好きの人は、必ず「骨粗しょう症の予防に飲んでいる」というが

ほとんど体脂肪30%以上の場合が多い。

ダイエットをしなければならないのに、片方で体脂肪を増やそうとする

行動をとっているのだ。

牛乳も時々飲むくらいが丁度いいと思っているのだが

40歳過ぎても、毎日飲んでいる人はチョット下を読んでいただきたい。



これは、ある有名な医学博士の著書から抜粋したものだが…



年をとると骨粗しょう症が怖いからと牛乳などを飲んでいる人がいるが

チョット考えたほうがよさそうだ。

過剰のカルシウムは腎臓から排出されてしまうのですが

排出されずに身体に吸収されたカルシウムは骨にいくかといえば

そうではない。

特に40歳過ぎで閉経後の女性の場合は、ほとんど骨にいかない。

排出されなかったカルシウムは動脈、胆嚢、腎臓などに沈着し

動脈硬化、胆石・腎結石、子宮筋腫の石灰化などになる可能性が高い。

骨粗しょう症の予防にと、過剰にカルシウムをとると

逆に危険な状態になるといわなければならない。

年をとってきたらある程度は骨量が減るのは、白髪になったり

シワが増えたりするのと同じような自然な現象で

骨も年をとると考えていたほうがよい。

年をとるのはイヤだと、牛乳などを飲んでカルシウムを過剰に摂っていると

いつの間にか、カルシウムが原因で発生する病気になっていた

ということのないように注意していたほうがいいだろう。


……カルシウムを摂りたかったら、チリメン雑魚のような小魚と

レモンなどを(酢醤油)一緒に摂ってほうが身体のためにはいいと思う。


ダイエットでカルシウムが気になるという人には

必ずこの方法を勧めている。


食べながら、健康的に痩せることでリバウンドがないダイエットが可能だ。



食べながら痩せる、お家でできる方法

美と健康整体 で検索。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-06 21:57 | ダイエット

運動とダイエット

ダイエットは食事に注意するのはもちろんのことだが

適度な運動も重要な要素だ。

私の尊敬する、有名な医学博士によると

運動をほとんどしない人は、よく身体を動かす人に比べて

ガンや心臓病になる率が、2倍になるそうだ。

でも年をとってから、過激な運動をすると

活性酸素を中和力が衰えているので

かえって病気になりやすくなるといっていた。

なんでもほどほどが大切だ。




適度に食べながら、ダイエットできる方法
     ↓
 美と健康整体 で検索。


まッ 一度見てみて。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-05-02 21:59 | ダイエット

食事と運動の関係

食事と運動の関係

健康的な体重を維持するには、適度な食事量と運動量と

言われている。例えば、運動をほとんどしない人と、よく運動をする人を

比べると、心臓病やガンなどに罹る確率が2倍になるそうだ。

しかし、運動がいいからといって普段していない人が、急に一時間も

ウォーキングなどを始めると!

まず、ヒザが痛くなる、腰痛になる、結局できなくなってやめてしまう

ということになる。年をとっているともっと深刻で、多量の活性酸素が

発生し身体のあらゆる器官に悪影響を与えて、病気が起こりやすくなる。

若いうちは活性酸素を中和させることもできるが、年をとると機能が

落ちるので中和できなくなるのだ、ご老人が運動を始めて、体調を崩す

原因の一つはこんな面もあるかもしれない。

ダイエットと健康のサイト 検索は「美と健康整体」で………。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-04-03 13:37 | ダイエット

ダイエットと牛乳

ダイエットと牛乳

先日、牛乳が過剰生産となって廃棄しているというニュースをみていた。

原因は○○と解説していたが、聞いているうちに

果たしてそれだけの理由だろうか?

と疑問に思ってしまった。

よいうのは、本当にそんな理由ならすでに予想がつくからだ。

牛乳の害を訴える書籍が増えていることも見逃せないだろう。

牛乳を飲む人ほど骨粗しょう症になりやすい。

アレルギー性鼻炎になりやすい。

ジンマシン、大腸炎、下痢などにもなりやすい。

原因が牛乳であることを話しはじめた医師も多くなっている。

そして、こんな傾向も出ている。

牛乳を飲む人ほど体脂肪率が高い。

牛乳を飲むほど、痩せにくい!

美容と健康のために飲んでいる人もいますが

牛乳を飲みすぎるとかえって不健康になっているかもしれない。

牛乳を飲むと血液中のカルシウム濃度がすぐに高くなります。

ということは吸収がよいからですが、実はこの後の問題点を

誰も言わないのです。

急に高くなったカルシウムは、反動として身体から排出しようという働き

があります。これは生体恒常性(ホメオスタシス)という血液中の成分などを

一定の割合に保とうする反応です。

そこで余分なカルシウムと一緒に必要なカルシウムやマグネシウム、ミネラル類

亜鉛、鉄分、アミノ酸、ビタミン類なども一緒に排出してしまうのです。

飲めば飲むほど、カルシウムの濃度は急激に高まり、余分に必要なものまで

排出してしまう、日本のみならず世界中の良識者や学者、医師などが

牛乳の害を唱え始めたのは、そのような原因があるからかもしれない。


ダイエットと健康のサイト 検索は「美と健康生体」で………。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-03-22 13:42 | ダイエット