ダイエットや整体療院を運営している院長が毎日のサプライズを綴ったストレス解消コーナー


by kraftheart001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 14 )

腹八分目のダイエット。

ここ高知では、今日から入梅(つゆいり)

平年より遅いんだっけ? 旬の食べ物は あじ、いさき、あなご、

たちうお、ちだい、黒鯛(ちぬ)、しまあじ あゆ

野菜類では、新たまねぎ、新じゃが、なすび、えんどう、いんげん

上げればキリがないが、

一年中同じ野菜が出回っているから季節感が乏しくなっている。

旬の味、というものを感じにくくなっているのではないだろうか?

食べ物は、その人の体格に合わせた量をとることで、適正な体重になる。

痩せすぎの人は太るし、太りすぎの人は痩せる。

痩せすぎることも、太りすぎることもなく適正な体重に落ち着くから不思議だ。

最初のステップは腹八分目。

昔からいわれていることだが、これが結構難しい。

自分にとって腹八分目というのが、皆目検討がつかない!という人が多いからだ。

もうチョット食べたい!というところで止めておくことが腹八分目だということを

聞いたことがあるが、これができる人はダイエットと縁のない人だと思う。

ダイエットしなければならない人は、つい食べ過ぎるから体重が増えるわけで

その人に途中で止めなさい。といっても止まるわけがない。

腹八分目で信号が出る方法とは、他ならぬ「耳つぼ療法」なのだ。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-06-08 18:26

タバコとガンの関係

タバコとガンの関係

タバコが多い人はガンになりやすい。

加齢が進むと絶えずガン細胞ができては消えを繰り返している。

消えている理由は、白血球の仲間のNK細胞がガン細胞を食いつぶして

いるから。がん細胞やウイルス、食中毒で有名なO-157など細胞に

入り込んでいるものを白血球や赤血球が食いつぶすわけで、毛細血管を

通して身体の隅々まで到達する。

食中毒は対抗力の落ちている人が罹りやすいといわれるのは、

血液の粘度、サラサラかドロドロかということと関係する。

ドロドロの血液ならば毛細血管の先まで、赤血球や白血球を運べないので

ガン細胞や病原菌を退治するこTができなくなる。

タバコを吸うとガンなどになりやすいといわれるのは、ニコチンやタールが

化学反応して毛細血管で詰まったり、痙攣させたりして白血球や赤血球を

隅々まで運べない状況を作りだしているからに他ならない。

肥満症の人も、血中コレステロール値や高脂血症などでドロドロになっている

場合が多い。

肥満は病気のデパートと言った人がいたが、まさにその通りだと思う。



肥満改善には「お家で耳つぼダイエット
[PR]
by kraftheart001 | 2006-06-01 13:03

便秘症の改善

便秘症の人

便秘は大きく分けて2種類あります。

一つはストレスや食生活など、生活習慣や精神的なことで起こる

習慣性といわれるもの、もう一つは大腸の病気によっておこる

器質製といわれるものです。

おもに習慣性の便秘が多いのですが、これも2つの分かれて

けいれん性と弛緩性に分けられますが、けいれん性は腸管の

緊張が高まりすぎて、便の送り出しができなくなっている場合です。

弛緩性は腸管の緊張ができなく、ぜん動運動という便を送り出す

動きができない状態をいいます。

弛緩性の便秘を改善するには、腹筋を鍛えることから始まります。

また、水分を充分にとる、食物繊維の摂取を増やすなども重要です。

食事を三度キチンと摂り、規則正しい生活を送ることが便秘解消の

最も大事な要素です。

ダイエットと健康のサイト 検索は「美と健康整体」で………。
[PR]
by kraftheart001 | 2006-04-07 13:53

夏の生活

夏は冷たいものや水を多く飲むことで、夏バテになりやすい。

この時期こそ、しっかり食事を取って体調を整えることを心がける

必要がある。

冷たいものばかり食べていると胃腸の機能の低下で

本来の働きが衰え、食物エネルギーの供給に悪影響を与える。

また、冷房をつけたままにして寝ている人がいるが、朝起きた

ときに、身体のだるさや筋肉のハリを感じる場合はないだろうか?

皮膚表面の体感温度が常に低い状態で睡眠に入ると、身体が冷えすぎて

風邪などを引きやすくなる。寝るときはエアコンのタイマーを

設定するか、扇風機などは首振りとタイマー設定を忘れないように。

身体を冷やす飲み物と食事、おまけにエアコン付けっぱなし!

こんなことを続けていると、夏の終わり頃には夏バテ症状でダウン!

ということになる。

夏こそ、汗をかいて、三食しっかり食べて、良く寝る!

毎日ダラダラ!寝ては食べてを繰り返していると、秋前には

夏太りを体験しますから~

………ご用心!
[PR]
by kraftheart001 | 2005-08-06 16:32

太るスイッチが入るころ

自分が太っていることに気づいていない
………という人が増えている。

一ヶ月で500gくらいずつ増えてくると

毎日見慣れている自分の身体の変化を認識できない。

10ヶ月(約5キロ)ほどたってやっと、

最近増えてきたと気が付く。

毎日体重を量っているわけでもないから、

気が付く頃にはお腹や腰回り背中などに脂肪が

たっぷり付いている。

簡単に5㎏と書いたが、5㎏を実感するために

一度スーパーマーケットにでも行って

5㎏のお米をもって、売り場を一周してみるとよい。

結構疲れますから! 

でも、一年もたたない間に徐々に重さに慣れてしまい、

太っていることさえ気が付かない。

「最近、何だか疲れやすくなったわ」

「なんだか、腰の調子が………」

「ヒザがガクガクする」
………こんな症状を感じている方

体重が増えてませんか?

体重の増加も原因の一つ、という場合もある。

太り始める頃にはこんな症状を感じるはずだ。


環境や職場のストレスや食事時間の変化などで、

つい食べ過ぎると、当然体重が徐々に上がり始める

その頃には食べすぎがたたって眠くなることが多い、

昼寝などをすると、身体のだるさを感じたり

夜眠れにくくなったりして、また昼寝をする。

運動量が減って基礎代謝が低下傾向になる。

食事量は増えて、運動量が減るわけだから、

当然体重はあがる、経験的に60㎏の人が

2~3㎏増加すると体のだるさが出始めて、

身体を動かすことが辛くなってくる。

さあーこうなると、肥満の道に一直線

体重が上がると、筋肉が一定なら比率が下がってくるから

少ない筋肉で体重を支えることになって疲れやすい

疲れるから→横になって休む→運動不足→体重は増える

あっと、気が付いたときは、10%位は体重が増えている

こうならないように、お願い!

・体重は毎日計りましょう。

・食べ過ぎたら、翌日はアッサリ系の食事で胃を休めましょう。

・ストレス解消は、徹底したお掃除などはいかがでしょう。

・身体を大きく使って家事をしましょう。

・散歩は、大またで歩きましょう。

・食事は、小さなお口で食べましょう。

………要は、日中はキビキビと動き回りましょう。

身体を動かすことは、健康の源、体重維持の要ですから。
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-18 17:24

運動時間について

運動時間について
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-14 16:13

運動時間について

以前テレビでやっていたが、

有酸素運動は20分以上続けないと効果がないようなことを放送していた。

さすがに最近では一日のうちに20分と説明しているようだ。

だが、いまだに20分以上運動を続けないと効果がないと思っている人が多い、

これもテレビなどの弊害?かも知れないと思っている。

ところで、今までほとんど運動をしなかった人が

急に20分も運動を始めるとどうなるかチョット考えてみてほしい。

これも体重や体調などに影響するが………。

例えば、肥満の人が20分の運動を毎日毎日続けると、

ヒザを壊す、腰を痛める、疲れ果てて寝込む…ということになりかねない。

当院(ウチ)に腰痛やヒザ痛で来院される患者さんのうち、半数程度は運動のやりすぎ!

中には、一時間の散歩を始めてヒザ痛で来院された方もいる、痩せるために運動するのは

結構なことだが、毎日そんなに歩いて「どこいくの?」と思ってしまう。

大体こんな人に限って、食事量は変化なし(少しは量を減らすことを考えたほうが効果的)

食べるだけ食べて、本人にとっては一時間の過激な運動をガンガンやって、ひざ壊す!

こういう限度を知らぬ人のために、

「休みながらでも結構ですので、一日の合計で20分程度の

運動にしてください」といっている。

現在では、短い時間の運動をプラスしていくことで

長時間運動したのと同じような効果があるとされている。

なんでも急にやることは避けて、

運動も徐々に始める! 

食事も徐々に減らしていく!

自分の腹八分目、適量というのを知ることが大事だろう。
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-14 10:34
基礎代謝という言葉を聴いたことがあると思う、最近ではこの代謝量が低い
人が増えているようだ。

食事量を減らしてみても体重が下がりません。という人は基礎代謝が低い場合がある。

基礎代謝は筋肉量と比例していて、運動で活動代謝をあげるようにしていかないと

ダイエットできにくい。

運動は、カロリーを消費する(体脂肪を燃やす)だけではなく、筋肉量を増やすことで
代謝を活発にする役割も担っている。

例えば、ご飯一杯分のカロリー(150gで約252㎉)を消費するなら

・早歩きのジョギング一時間

・サイクリング一時間

・軽い水泳 30分程度と 運動量としてはかなりの量となる。

ショートケーキとコーヒーなら約380㎉くらいはあるので、

・ジョギング、エアロビクス一時間以上

・サイクリング一時間半

・テニスや野球 2時間程度

の運動量が必要となる。

スポーツジムなどに行って、帰りに友達とお茶する(ケーキ&コーヒーなど)と

ジムで運動した分はチャラ! 何しに行っているか判らないことになる。

ま、こういう人は別に言い訳があって。

「運動とお友達を作りに行ってるのよ!」

「健康のためにやっているのよ」

………それなら、別に痩せなくってもいいのだろうが、そういう人に限って

もう少し体重を落としたら楽になるのに!という体形をしている場合がある。

好きなものをガバガバ食べて、一方では痩せたいと運動をする(しかも無駄な努力)

これでは、いつまでたってもダイエットなんてできっこないわなー。

ダイエットは、まじめな人ほど成功しやすいのだろうか?
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-13 10:32

食事の減らし方

ダイエットをしたいという欲求が強くて、つい食事を抜いてまで
体重を下げようとする人がいる。

少々減らすのはいいが、一日の最低必要摂取量というのがあって

その摂取量を下回ると、疲れやすかったり、肌の衰えが目立ったり、シワが

できたり、身体の老化などろくなことがない。

一日の必要な摂取量の目安は、体重1キロあたり20キロカロリー。

目標55キロなら、55×20=1100キロカロリーを目安にすればよい。

現在の体重が65キロで、まだ徐々に体重が増加しているなら

65×30キロ=1950キロカロリー以上摂っている計算になる。
(65×35=2275キロカロリーの可能性もある)

痩せたい余り脂肪やご飯類を抜くことは逆効果、

なんといっても栄養バランスを崩さないように摂取することが重要だ。

適切な栄養バランスは、炭水化物・脂肪・たんぱく質の比率を

2:1:1に摂ると、空腹感が長持ちし、脂肪が燃えやすく、代謝が向上しやすく

なるといわれている。

ところで、食べる内容にも影響してくる!

ダイエットをしたいが、お菓子は食べたい、乳製品はやめられない、肉やビールを

摂りながら痩せる方法を聞いてくる、などおよそダイエットとは程遠い生活を

していながら、食生活を変えることなくダイエットしたい、という人が多すぎる。

太った原因は、自分にある場合がほとんどだ。

それを、他人にやってもらおうとして来院してくる。

当院(ウチ)も当然努力するが、半分くらいは自分も努力して欲しい。

私と話をして施術を受ける時間は長くても一時間、

そのほかは自分の時間、つまり、体重の下がっている時間は、私と会わない

間に下がっているんだ。

われわれは、ダイエットのきっかけを提供している

これは、全国どこの治療院でも同じこと。

自分のちょっとした努力が、結果的にダイエット成功となる。

チョット体重がさがったから良かったのではなく

ダイエットに成功する(適正体重になる)ことが、「良かった!」……になる。
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-11 10:27

単品ダイエットについて

寒天、卵、トマト、リンゴ………

これらは人間生きていくうえで必要な栄養素をもっているものだが、

どこでどう間違ったのか、栄養素だけに注目して、これだけを食べて痩せようなど
とバカなことを考える輩がいるから困ったもんだ。

有名な雑誌などにも掲載されて、ご丁寧にどっかの
○○博士などが(金に目がくらんだか?)もっともらしいことを
説明する。

よく考えて欲しい。

単品ダイエットを続けているとそりゃ痩せるでしょう……だが、
何を犠牲にして痩せているかといえば、健康を犠牲にしているのです。

もともと太りすぎなら、不健康な場合が多いのだが………、

体重削減だけを考える結果、どんなことでもして痩せたいと考えてしまうのだろう。

不健康になりながら痩せる というのは一般的に病気というのです。

わざわざ金払って病気になる馬鹿がどこにいるのですか。

栄養が偏ると健康を損ねたり、基礎代謝も上がりにくくなったりと
いいことがなく、痩せにくくもなります。

痩せにくい体質になった場合、なんとか痩せた! といってダイエットを
やめて普通に食べ始めたとたん、太り始める!

何日も何ヶ月も我慢して、単品ダイエットなどを続けてやっと
痩せた、それで普通の食生活に戻したら太ったって………
これって、笑うよね。

今まで何してたの?

先日こんなことがあった!

私: 時間と金をかけて、栄養バランスと健康を損ないつつ、今まで大変でしたね。

患: 「…だって知らなかったですもの、どうして教えてくれなかったんですかー」

私:(心の中で)オイオイ、今あったばかりじゃないか、前から知っていたらちゃんと
   教えてるよ。(…自分の短絡さと無知を棚に上げて、逆切れするんじゃないよ)

実際、遠回りをしてきた人は後が大変!

まず身体のバランスは崩れている
(下腹部や下半身が落としきれない、バストが貧弱になったなど)

栄養バランスが崩れている
(疲れやすい、体調不良、シミ、シワ、くすみ、白髪、抜け毛などが増える)

生理が止まった
(妊娠されるときなど大変です)

ホルモン療法などに通うケースが多くなります
(ホルモン療法って太ること多いんですよね)

リバウンドを繰り返した結果、痩せないので当院(ウチ)に来たと
いった患者さんもいた。

こういう患者さんが一番大変です。


単にダイエットといっても、間違った方法で始めると後が大変。

みなさん、ダイエットはくれぐれも安易に始めないように。(^^)
[PR]
by kraftheart001 | 2005-07-09 10:48