ダイエットや整体療院を運営している院長が毎日のサプライズを綴ったストレス解消コーナー


by kraftheart001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

牛乳と骨粗しょう症の関係。

ある資料を読んでいたら、牛乳を飲むと骨粗しょう症

になると刺激的な見出しが目についた。

牛乳にはカルシウムが豊富に入っているはずだが……?

と読んでみると、なるほど!と感心してしまった。

確かに、患者さんの中に牛乳を飲んでいるのに

病院で、骨粗しょう症といわれたというケースが多い。

診察医に牛乳は飲んでいると話しても、量が少ないからだ

と軽くあしらわれてしまうと嘆いていた。

ここでは、牛乳を摂ることでたんぱく質を体内に

取り込んでしまうと、カルシウムを体外に排出する

この状態をミルクパラドックスという。と書いてあった。

被験者に、一日当たりたんぱく質を40gから141gに増やす

食事を摂った場合、たんぱく質が増えると尿から排出

されるカルシウムを2倍になるそうだ。

動物性のたんぱく質を増やすと排出されるカルシウムは

多くなるという傾向が出ている。

カルシウムを摂りたければ、チリメンじゃこに

レモン(ビタミンC)などをチョットかけて食べたほうが、

少ない量で適切にカルシウムを摂れることができる。

日本古来の食事の中には、栄養バランスに優れた

食べかたというのがたくさんある。
[PR]
by kraftheart001 | 2005-08-31 12:12 | ダイエット