ダイエットや整体療院を運営している院長が毎日のサプライズを綴ったストレス解消コーナー


by kraftheart001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

夏休みでした。

お盆も終わり、いよいよ食欲の秋が近づいてきました。

天高く馬こゆる秋! と昔からいわれている様に人間を

含め動物は、寒い冬に備えて脂肪の量を増やすことが

まるで本能でもあるかのように食べまくる季節がやって

まいります。

本能のままに食べて後で後悔するといった所業を過去何度となく

繰り返してきた淑女様方、今年も後悔するのでしょうね。

当院にもそのような方々はご多分に漏れずやってくるわけで

分かっているけどやめられない!………とおっしゃいます。

が、本当は何にも分かっていないのです。

今痩せなければならない体重の人ほど、切迫感がない。

そのうちやせればいいだろう!程度にしか思っていない。

過度な体重増は、病気である! ということを分かって

もらいために色々いっているが、太っている人ってのはその点

おおらかなのか、鈍いのか。余り気にする様子もない。

体重過多からくる病気になって始めて「これは痩せないと

いけないかも?」と思う程度だ。

そのうち運動などを始めるわけだが、散歩をしすぎて

ひざを壊す人や疲れて寝込む人など…チョット考えて

運動しなさいといいたくなるほど、自分の身体に状態を

理解していない。

逆に運動したから少々食べても大丈夫だろうと、

食べる量を増やしてしまう。

誰でもわかることだが、これって太りますよね。

以前にも書いたが、運動するなら徐々に量を増やす。

運動したからといって食べる量を増やしていたら

痩せませんから。

ダイエットは、摂取カロリーより消費カロリーを

多くすることで可能となる。

つまり、食べる量を減らして運動する量を増やすことだ。

お腹が減ってたまらないとき、そのとき痩せている時間

と思ってほしい。

空腹時こそ痩せるチャンスなのだ。
[PR]
by kraftheart001 | 2005-08-18 11:09 | ダイエット