ダイエットや整体療院を運営している院長が毎日のサプライズを綴ったストレス解消コーナー


by kraftheart001
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タバコとガンの関係

タバコとガンの関係

タバコが多い人はガンになりやすい。

加齢が進むと絶えずガン細胞ができては消えを繰り返している。

消えている理由は、白血球の仲間のNK細胞がガン細胞を食いつぶして

いるから。がん細胞やウイルス、食中毒で有名なO-157など細胞に

入り込んでいるものを白血球や赤血球が食いつぶすわけで、毛細血管を

通して身体の隅々まで到達する。

食中毒は対抗力の落ちている人が罹りやすいといわれるのは、

血液の粘度、サラサラかドロドロかということと関係する。

ドロドロの血液ならば毛細血管の先まで、赤血球や白血球を運べないので

ガン細胞や病原菌を退治するこTができなくなる。

タバコを吸うとガンなどになりやすいといわれるのは、ニコチンやタールが

化学反応して毛細血管で詰まったり、痙攣させたりして白血球や赤血球を

隅々まで運べない状況を作りだしているからに他ならない。

肥満症の人も、血中コレステロール値や高脂血症などでドロドロになっている

場合が多い。

肥満は病気のデパートと言った人がいたが、まさにその通りだと思う。



肥満改善には「お家で耳つぼダイエット
[PR]
by kraftheart001 | 2006-06-01 13:03